ウタ死んだのか生きてるのか最後のシーンその後を徹底考察!

ウタは死んだのか 生きてる 新聞 最後 その後 ドラマ・映画
Pocket

この記事では、現在上映中の映画、「ワンピースフィルムレッド」のウタは死んだのか、生きてるのか最後のシーンを徹底考察します。

今回の作品「フィルムレッド」では、あの「うっせぇわ」で有名な歌手のadoが、作中の重要キャラであるウタを演じるとわかり話題となりました。

adoのツイッターアイコンを尾田栄一郎が描いたことも記憶に新しいですよね。

そんなウタが最後のシーンで死んだのか生きてるのかどうか、ということが映画を視聴した方の間で話題になっています。

今作初登場のキャラであるウタは、本作のキーキャラクターであるため、劇中で死んだのか生きてるのかは非常に気になるところです。

一体どういうことなのか、徹底的に考察をしてみましたので、ご覧ください!

※ネタバレを含みますので、映画未鑑賞の方はご注意ください!

劇中にたくさんのワンピースのキャラが登場しますし、漫画では最終章に突入していますね!

これまでの漫画を振り返りたい方も多いのではないでしょうか?

ワンピースの漫画は既に100巻を超えていますので、購入するには場所もちょっと抵抗感がありますよね。

そんな方におすすめなのが、コミック.jpです。

コミック.jpは、日本最大級の電子漫画サービスで、無料で読める漫画の数が2,000作品以上と楽しむことができるサービスです。

そんなコミック.jpですが、今30日間無料のお試しキャンペーンをやっていて、30日以内の解約であれば一切料金がかからないんです。

ぜひお得なキャンペーン実施中に、ワンピースを楽しんでくださいね!

\30日間無料キャンペーン実施中/

コミック.jp 1000コース

>>ワンピースを一気読み<<

 

ウタ死んだ?ワンピースフィルムレッドを徹底調査!

ワンピースの新作映画「フィルムレッド」における重要キャラ、ウタがラストシーンで死んでしまったのかどうかが話題になっています。

ウタは今作初登場のキャラで、事前の情報ではシャンクスの娘ということが公表されていました。

ウタは今作のキーキャラクター。

ウタウタの実の能力者で、歌を聴いたものは強制的に眠らせ、仮想空間に連れて行ってしまうという強力な能力を持っています。

そんなウタが、映画のラストにおいて、死んだのかどうか、はっきりわからない曖昧な描写がなされ、視聴者の間で議論が巻き起こっています。

ウタは本当に死んでしまったのか?

順を追ってみていきたいと思います。

 

ウタは死んだのか①最後にネズキノコの薬を飲まなかった

ウタは、眠らなくなるネズキノコを食べていました。

疲れていながらも、ネズキノコを食べ続けていましたので、体に負荷をかけ続けていたのです。

本編でも残り何時間とウタが倒れるであろうシーンがありましたので、ウタは死んだのでは?と考えても不思議ではないですね。

 

ウタは死んだのか②特典の40億巻で言及されてる?

さらにウタが死んだという説を後押しする要素があります。

それがワンピースの映画特典である40億巻。

これは劇場版の数量限定入場者特典として配布されているもので、映画のキャラクター設定やストーリーが収められている特別な付録です。

そしてこの40億巻には、ウタが死んだという説を後押しする記載があるようです。

それが「死にゆくウタ」という言葉。

先ほども書いた通り、この特典は映画の設定やストーリーについて書かれたもの。

そこに「死にゆくウタ」と記載があることで、ウタの死んだ可能性が高まっていると言えます。

公式の特典にそのような表現があれば、ウタは死んでしまったと考える人が続出してもおかしくないですよね。

 

ウタは死んだのか③新聞記事に書かれている?

ワンピースフィルムレッドのエンディングロールに、新聞記事がでてきます。

新聞記事には、「UTA Forever」と書かれているのです。

生きている方にForeverとは書かないですよね。

ウタの生死は分かりませんが、少なくともワンピースの世間的にUTAは死んでしまったとされているのではないでしょうか。

 

ウタは死んだのか④アルバムのタイトルにある?

ウタの歌っている曲はアルバムにまとめています。

アルバムの題名にウタが死んだと意味しているのではないかとされる説も出ています。

アルバムの名前は、「ファースト&ラストアルバム」.

ラストの名前がついているところが気になりますよね。。。

ウタのアルバムですが、品切れになっているところもあるようです。

Adoさんの凄い歌声が気になる方は今すぐゲットしちゃいましょう!

\残りわずか!/

>>ウタのアルバムゲット<<

>>adoの驚異的な曲を聴く<<

 

ウタの死んだのか⑤フィルムレッド書籍版に書かれている?

フィルムレッド小説版は映画公開日より少し後の2022年8月9日に発売されています。

その小説のラストの一説に「ウタの眠る棺」という言葉があります。

映画のラストでは、はっきりと映らなかったものの、棺のようなものが出てきていました。

それが小説版ではしっかりと「棺」という記載がなされ、さらに「ウタが眠る」とあることから、小説版を読んだ人は、ウタが死んだことを確信しているようです。

 

ウタは死んだのか⑥ルフィの表情から推察!

今回の映画の中で、ルフィは神妙な顔でウタの死を受け入れたような表情をするシーンがありました。

ウタがどんどん弱っていくシーンです。

ルフィは、弱るウタをみて涙をみせたように見えました。

本来のルフィであれば、ウタに必ず生きろと強い言葉を見せてくれるはずですが、今回はウタにかける言葉はありませんでした。

ルフィは、ウタの死を悟っていたのかもしれません。

 

ウタは死んだのか⑦横たわるウタの横に海賊旗?

ウタが倒れた横に海賊旗がかけられていました。

ウタを思う赤髪海賊団が、これからも自分たちの仲間だとウタに伝えているシーンではないかとも想像できます。

最後のシーンに関しては、ウタが死んでしまったと考えられるシーンが非常に多いですね。

 

ウタは死んだのか最後のシーンを徹底考察!

ウタは死んだのかどうか、話題となっている場面や、映画の特典、さらには小説版の内容について触れてきました。

どの情報もウタは死んだ説を後押しする強力な根拠になっていると感じます。

次に、映画の最後のシーンを徹底的に考察し、ウタが死んだのかどうか検討します。

 

ウタは最後のシーンでどうなった?

まずはウタが死んだとされている最後のシーンを検討してみましょう。

該当のシーンをざっくり解説↓↓↓

ウタウタの実の能力で、みんなを仮想空間に閉じ込めたいウタ。
海軍に危険だと判断され犯罪者として海軍の黄猿と藤虎が捕まえようとする。
シャンクスが海軍を追い払い、ウタを助ける。
映画のラストで、俯いたウタが棺桶らしきものに乗せられ、シャンクスの海賊団である赤髪海賊団のみんなが取り囲む。

最後の赤髪海賊団が取り囲んでいる場面では、海賊団のみんなが深刻な表情をしていたそうです。

赤髪海賊団の悲しそうな表情と、棺桶のようなものが描かれたラスト。

「ウタは死んだのではないか?」と推察されます。

 

エンディングにはウタが生きている証拠がある?

さらに口コミを検索しているとこんなものも見つかりました。

書籍版には棺桶という表記、40億巻には「死にゆくウタ」という表記があり、そして映画のエンディングで「Princess Survived」と書かれている新聞が映っていることが書かれています。

ウタは歌で世界を変える「歌姫」と考えることができるのではないでしょうか。

そう考えると新聞の「Princess」はウタのことを指しているとも捉えることができ、そうするとウタは生きていることになります。

たしかに映画のラストや40億巻ではっきりとした描写がないため、「生きているのでは?」と考える人が多い中、この情報は生きているという説を後押しするものになります。

 

ウタは原作漫画で生きている?

原作漫画の1,055話にウタの影が映っていると言われています。

このタイミングで漫画に匂わせてくるのも絶妙ですよね~。

映画版のワンピースはパラレルワールドになっていますので、本編では少し違った形で登場する可能性はあるかもしれません。

今回のフィルムレッドで大人気となったウタですので、再登場してくれるとファンとしては嬉しいですね。

 

ウタは結局死んだのか?生きてるのか?

映画のラストではウタが死んだのか、生きているのか判断できないという人が続出。

ここでは、死んでしまった、生きているというそれぞれの口コミを見て、どのように皆さんが判断しているのかを見ていきましょう。

 

ウタは死んでしまったという口コミ

まずは死んだと判断している人の口コミを見ていきましょう。

「私が消え去っても、歌は響き続ける」という歌詞の歌が映画最後にもあった。シャンクスたちも船の上で棺的なものを囲んでいたから、ウタは死んだと思う。

ウタは本誌に関りを持たせないはず。もしウタが生きてるとしても、シャンクスのいる赤髪海賊団に戻るしかないし、生きてる可能性はかなり低い。

ウタはネズキノコという数時間後には死んでしまうキノコを食べて、シャンクスが薬をウタに飲ませようとしたけどウタは拒否。この時点で確定したとみていいと思う。

40億巻の最後に「ルフィが新時代を~」と書いてるから、ウタは新時代を築いていけないという解釈になるかと。つまり死んだと思う。

ウタが死んだという方は、映画のラストシーンで棺桶らしきものが出てきたことや、ウタを助ける薬をウタ自身が飲むのを拒否したこと、40億巻に書かれているセリフなどから死んだと判断している人が多いようです。

また、ワンピースの映画であるフィルムシリーズは、本詩とは別のパラレルワールドの世界といわれていることから死んだと判断している人もいました。

 

ウタが生きているという口コミ

続いて、ウタが生きてると判断している人の口コミを見ていきましょう。

ウタは死んだのか微妙なところ。死にかけてるような描写はあったけど明確に死んだとわかる場面はなかった。

ちゃんとした描写はないので生きてると予想します。入場者特典の「死にゆくウタ」だけでは判別が難しいと思う。

明確な描写がないから生きてると思う。

ウタが生きている、と予想する人の多くが「ちゃんとしたシーンが描かれていないから」という理由が大半でした。

確かに明確に死んだとされる場面がなければ、ウタは生きていると予想する人も多く出てきてもおかしくはないですね。

 

まとめ

この記事では、現在上映中の映画「ワンピース フィルムレッド」のウタが死んだのかどうか、最後のシーンを徹底考察してきました。

結論として、最後のシーンでウタが死んでしまったのかどうかは、はっきりとは分かりませんでした。

ツイッターで各口コミを見てきましたが、死んでいる説も生きている説も、どちらも有力な根拠があるように見えます。

しかし、40億巻の内容や小説版の内容を考えると、死んだ説が濃厚じゃないかと思えてきますよね。

フィルムレッドで新登場したウタは、見た目もかわいらしく、映画を見た人の多くを虜にしているようです。

そのため死んだのかどうか、生きていて本誌の方にも登場するのではないか、などなどいまも熱い議論が繰り返されています。

今回の考察でははっきりとしたことがわからなかったので、気になる皆さんは劇場で真偽を確かめてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました