旧山口藩庁門

[山口市]

幕末から激動の歴史を見守り続けた脇門付薬医門

元治元年(1864年)、萩から山口への藩庁舎移転に際し政事堂の門として竣工。以降、時代の変遷とともに県庁舎の門として使用され、現在も西口の門として現役を務めている。切妻造り、本瓦葺で高さ約6.8m、幅約10mの威容が山口の歴史を見つめてきた風格を伴い人々を魅了する。

Access Map

旧山口藩庁門

やまぐち映像図鑑について

about YAMAGUCHI MOVIE BOOK

山口県は自然の恵みに溢れ、歴史がそのまま残る、
「本物」が、そこかしこにある場所です。

そんな山口県の「本物たち」を、
美しい映像で描き、発信していきます。
映像で観る、山口県の名所・観光ガイド図鑑。
そして、本物はぜひ現地で。

まずは宿泊先の予約から。