shienなぜ安い?どこの国で作られたかも調査!

shien なぜ 安い どこの国で作られた SHEIN
Pocket

この記事では「shienなぜ安い?どこの国で作られたかも調査!」と題してお送りしていきます。

近年有名になってきているファッション通販サイト『SHEIN(シーイン)』は、とにかく価格が安いことで若者を中心に人気を集めています。

日本にはない斬新なデザインやトレンド感のある商品がとにかく可愛く、ついあれもこれもと欲しくなってしまいますよね。

洋服が安く購入できるのは嬉しいですが、あまりにも低価格のため品質や安全性を心配する声も多くあるようです。

低価格は嬉しいけどどうしてこんなに安いのか、理由が知りたいわ。

そこでsheinはなぜ安いのか理由を徹底調査しました!

また海外発のファッション通販サイトとのことで、商品はどこの国で作られたのかなど、気になる点もご紹介していきます。

初めてSHEINでお買い物するは、初回限定送料無料で購入できるチャンスですよ!

どんな安い服があるのかチェックしたい方は、是非公式サイトを覗いてみてくださいね。

タイムセールをチェック!

SHEIN 初回注文

 

 

shienなぜ安い?

インターネットで”shein”を検索すると、関連して「怖い」と出てきます。

人間の心理として「安かろう悪かろう」と思ってしまうのは当然のことですよね。

更には日本発ではなく海外のブランドというのも、疑ってしまう理由になっています。

しかしsheinの購入者の評価は思っているより悪くなく、値段以上の商品も多くあるようですよ。

アクセサリーが100円・子供服が500円以下など、どのようにしてこの低価格が実現できているのでしょうか。

調査したところいくつかの理由があったので、ご紹介していきます。

 

shein安い理由は経費削減のおかげ?

sheinが安い一番の理由としてまず上げられるのが、経費の削減です。

経費といっても様々あるので、詳しく説明していきます!

 

shein経費削減①販売はオンラインのみ

sheinには実店舗がないことはご存知ですか?

通常店舗を構えるとなると発生する膨大な経費、テナント料(家賃)人件費が発生します。

内装のインテリアやメンテナンス代管などと管理も大変そうですね。

そこでオンラインのみの販売にすることで大幅に経費の削減をしているのです。

企業にとって経費削減は常に課題ですが、実店舗を持たないとうのは低価格で販売できる大きな理由ではないでしょうか。

 

shein経費削減②全工程を自社で行う

出品されている商品は企画→製造→販売→発送まで、全て自社で行っています。

仲介業者を通すことがないので、商品の企画から購入者に届くまでにかかる様々な経費をカット。

他のブランドでは企画から販売までに数ヵ月かかるそうですが、sheinでは1ヵ月もかからないそうですよ。

 

shein最先端技術の導入も安さの秘訣だった!

sheinの安さの理由には最先端技術も貢献しているようです。

実際どのような技術が使用されているのでしょうか。

sheinでは「ロボットを活用したスマートファクトリー」をテーマに、AIを駆使してトレンドを予測しています。

トレンドを分析することで「売れる商品を必要な数だけ造る」ということが可能に。

更にトレンドのリサーチだけでなく、デザインまでも考えてくれるそうですよ!

必要数をデータ化して余剰在庫も防いでくれて、最新のAIはほんとに優秀ですね。

AIを導入して人員を減らしているので、コストカットにも繋がっているようです。

多くの従業員を雇い服を製造するのではなく、機械を導入することで作業の効率化と人件費削減になります。

色んな”無駄を省く”ことで大幅な経費削減に繋がっているんだね!

他にはない破格の安さも、理由がわかると少し安心できますね!

 

shienどこの国で作られた?

sheinは日本のブランドではないことはわかりますが、海外でもどこの国のブランドか知らない人がまだ多くいます。

実はsheinはアメリカ発のブランドなんです。

前身の会社は中国で設立されましたが、アパレル事業が中心になってからは会社名を「SHEIN」に変えアメリカのブランドに。

2008年に設立されてから現在では、世界220ヵ国に展開している大人気ショップへと大躍進。

日本語に対応したのは2021年ですが、そこからあっという間に若者を中心に浸透してきました。

そして現在60万点以上もの商品があり、更に毎日3000~5000店の新商品を発売しているshein。

商品の製造をするためには大規模な工場と従業員が必要となりますが、どこの国で作っているのか調査しました!

 

shein商品の製造工場はどこにあるの?

調査したところ、sheinの製造工場は中国にあるようです。

中国の広東省にはファッション産業の中心ともいえる、通称「世界のファッション工場」があります。

そこでsheinは多くのサプライヤーと提携して、商品の製造を行っています。

「世界のファッション工場」なだけに、本来他のアパレルブランドで廃棄になってしまうような生地をsheinが安値で購入し商品化しているとの情報もありました!

ここでも安さの理由が見つかりましたね。

 

shein中国産だから品質悪い?

海外製、特に中国製となるとどうしても不良品が多いのでは?と不安になってしまいますよね。

実際購入者からは「生地が薄い」「ボタン(パーツ)が取れていた」など悪い口コミもありました。

しかしこれはsheinのみならず海外製の商品全てに共通するのではないでしょうか。

日本製の商品は世界的にも品質が良いので、比べてしまうと確かにクオリティは劣ってしまいます。

あくまで「海外製」ということを踏まえて購入するといいかもしれません。

 

まとめ

この記事では「shienなぜ安い?どこの国で作られたかも調査!」と題してお送りしてきました。

shienがなぜ安いのか、背景にはちゃんと理由があることがわかりましたね!

海外製の懸念の声もありましたが、どこの国で作られたのかもわかり安心してsheinで商品を購入することができそうです。

一部商品によっては当たりはずれがあるようですが、口コミを見てみると満足度は高い印象でした♪

今ではUNIQLOやZARAなどに並ぶファストファッションブランドとして注目されている、『shein』の今後に期待です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました