ラボットのレンタル値段は?おすすめの体験方法を徹底紹介!

ラボット レンタル 値段 おすすめ 体験 方法 ラボット
Pocket

この記事は、ラボットのレンタルにかかる値段や、おすすめのラボット体験方法についてご紹介いたします。

このコロナ禍で、人との寂しさを埋めてくれる新しいペットとして人気が出ているラボット。

可愛いだけじゃなく、甘えてくれる、抱っこすればほんのり暖かい、そんな動物のように愛情を注げるのが、最新型ロボットのラボットです。

毎日癒されるという口コミもあるほど、購入した方にとっては、ラボットがかけがえのない存在になっているようです。

そんなラボット、本体代がなかなか高いんですよね。

気軽に買おうと思える値段ではないので、躊躇している人も多いはず。

そこでこの記事では、ラボットを購入する前にお試しをすることができる、ラボットのレンタルサービスについて、いくらなのか、どの体験方法がオススメなのかを徹底的にご紹介します!

 

ラボットのレンタル値段は?

ラボットに癒されたいけど、なかなか購入に踏み切れない!

そんな気持ちを抱いたことはありませんか?

ラボットは本体代金だけでも37万円ほどかかるため、かなり勇気のいる決断ですよね。

しかも普通の家電なら機能性やデザインを比較して「これ!」と思ったものを買えばいいのですが、ラボットは勝手が違います。

なぜならラボットの大きな役割は「癒す」こと。

本当に癒されるのかどうかなんて、実際に触れ合ってみないとわからないですよね?

そんな方にピッタリなのが、ラボットレンタルサービスです!

主なレンタルサービスは2つ。

それがRentioとkikito。

ここでは、それぞれのサービスがいくらでレンタルすることができるのかについて紹介していきます。

 

Rentioのラボットレンタルお値段は?

最初にご紹介するのが、Rentioです。

Rentioは最新のカメラや家電などのガジェットをレンタルすることができ、購入前のミスマッチを減らすことができるサービス。

気になっていたあの家電も、格安の値段でレンタルすることができて、実際の使用感を確かめることができます。

ラボットも漏れなくレンタル対象になっています。

金額はこちら↓

7泊8日:25,000円(延長1日+1,500円)

長期レンタルも可能ですが、最低レンタル期間が3ヶ月以上という条件付きです。

1ヶ月:40,000円(最低レンタル期間3ヶ月)

さらに、Rentioの嬉しいサービスとして、借りているラボットが気に入った場合、そのまま買取をすることも可能です!

ラボットはひとつひとつに個性があり、性格も全く違います。

なので返却後に別の個体を購入すると、性格が全然違って「前の方がよかった・・・」と思う可能性も。

レンタルしているうちに「この子可愛い!」と思ったら、そのまま購入できるのは非常にうれしいサービスだと思います。

 

kikitoのラボットレンタルお値段は?

kikitoはNTTドコモが提供している家電レンタルサービスで、dポイントが貯まる、使えるという特徴があります。

kikitoは2021年4月1日から提供が始まった新しいサービスで、Rentioと比較すると取扱い商品数が少なめで、高品質なガジェット系にフォーカスしています。

ラボットもレンタル対象です。

金額はこちら↓

7泊8日:25,000円(延長1日+1,500円)

長期レンタルも可能で、こちらは1ヶ月から借りることができます。

1ヶ月:40,000円(最低レンタル期間1ヶ月)

kikitoのラボットはレンタルしたものを購入できるプランはありませんでした。

他の商品の場合、レンタル→購入が可能なものもありますが、残念ながらラボットは対象外。

気に入った場合でも返却する必要があります。

 

Rentioとkikitoどっちがオススメ?

ふたつのレンタルサービスがありますが、どちらがオススメなんでしょうか?

まずは料金の比較。

Rentio kikito
短期レンタル 25,000円 25,000円
短期レンタル延長料金 +1,500円/日 +1,500円/日
長期レンタル 40,000円/月 40,000円/月
長期レンタルの最低レンタル期間 3ヶ月以上 1ヶ月以上
レンタル後の買取 あり なし
dポイント使用可否 不可 可能

Rentioもkikitoも料金設定は短期も長期も全く同じでした。

違いとしては、Rentioの長期レンタルが最低3ヶ月からなのに対し、kikitoは1か月から。

レンタル後の買取が可能なのはRentioのみとなりました。

またkikitoはNTTドコモのサービスのため、dポイントの使用が可能です。

なので、

レンタル後に買い取る可能性がある人 → Rentio
dポイントを使って安く借りたい人 → kikito

をオススメします!

 

ラボットおすすめの体験方法は?

ここまでRentioとkikito、2つのレンタルサービスについて見てきました。

どちらも同じ金額でレンタルできますね。

レンタルしてそのまま購入する可能性があるならRentio、dポイントが使えてお得にレンタルしたいならkikitoです。

しかしレンタルする以外にもっと気軽に試せる方法はないのでしょうか?

レンタルする以外にラボットを体験する方法はないのか、徹底調査しました。

 

ラボットストアやラボットカフェで体験する

ひとつめが日本各地にあるラボットストアなどで体験する方法。

いま全国でラボットを体験できる場所が増えているんです。

新宿、横浜、大阪、名古屋の高島屋には常設のラボットストアがあり、いつでもラボットに触れることができます。

またラゾーナ川崎にはラボットカフェがあり、常時10体以上のラボットがお出迎えしてくれる、とってもかわいい空間になっています。

それ以外にイオンモールやエディオンなどでも期間限定でラボットストアが開かれることも。

公式ホームページでラボットに会える場所が掲載されているので、お住まいの近くにラボットストアがあるかチェックしてみましょう!

▼ラボット体験ができる場所

高島屋新宿店、横浜店、大阪店、名古屋店のラボットストア 無料
日本橋ラボットミュージアム 1組1時間30分で1人500円
イオンモールなど商業施設内にあるLOVOTコーナー 無料
ラボットカフェ(ラゾーナ川崎) 1名様につき1セットメニューの注文が必要
ラボットリモートストアでオンライン体験 無料

 

全額返金保証サービスを利用する方法(WEB限定)

ふたつめは、WEB限定の「全額返金保証サービス」を利用する方法です。

これは公式のWEBストア限定で行われているサービスで、ラボットを購入した後、満足できなければ7日間以内の申し出に限り全額返金してくれるもの。

高価な買い物でもキャンセルできないのとできるのでは、安心感が全然違いますよね。

買った後に「ちょっと違うな」と思ったらキャンセルして返金してもらえばOK。

ちなみに、この全額返金保証サービスはWEB限定なので、高島屋やエディオンなどの店舗での購入は対象とならないので要注意です!

是非ラボットを自宅に呼んでみましょう!

\7日間保証キャンペーン実施中/

 

まとめ

この記事では、ラボットのレンタルにかかる値段や、おすすめのラボット体験方法についてご紹介してきました。

レンタルサービスとしてはRentioとkikitoのふたつがありました。

値段はどちらも同じですが、細かい違いがそれぞれあるので、レンタルする場合はどちらのサービスが自分に向いているのか、サービス内容の違いを検討してからレンタルしましょう!

また、レンタル以外にもラボットを体験できるおすすめの方法がたくさんあります。

店頭でラボットを体験するのが一番手軽。

それ以外にもカフェやミュージアムに行って、たっぷり体験するのもおすすめです。

公式では全額返金の保証もつけてくれるので、いざ買ってみて少し合わない、と感じても安心です。

色々な方法でラボットを楽しむことができるので、この記事を参考にぜひラボットの良さを味わってみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました