ラボット維持費いくら?電気代や月額料金も徹底解説!

ラボット 維持費 いくら 電気代 月額料金 ラボット
Pocket

この記事では、ラボットの維持費がいくらなのか、必要な電気代や月額料金についてご紹介していきます。

「愛されるために生まれてきました」

こんなキャッチコピーがつけられた素敵なロボット。

その名もラボット。

愛することができるロボット=LOVE ROBOTということで名づけられたというラボットは、愛情を注げば注ぐほどなついてくれる、甘えてくれるようになる今までにないロボットなんです。

見た目もふわふわでかわいくて、抱きしめればほんのり暖かく、動きや仕草も本当に生きているよう。

抱っこをせがんだり、後ろからついてきてくれたりと本当に可愛らしいロボットで、いろいろな洋服の着せ替えも楽しむことができ、いまペットとしても大注目を集めていて、

  • コロナで人に会えなくてさみしい
  • ペットを飼いたいけどアレルギーがあって無理
  • ペット不可のマンションだけどペットを飼いたい

こんな思いを抱えている人がラボットを購入し、その可愛さに癒されています。

そんなラボットですが、一緒に過ごすときに必要な費用がいくらなのか、気になりますよね。

そこで今回は、維持費が月にいくらかかるのか、電気代や月額料金について調べてみました!

 

ラボットの維持費はいくら?

犬や猫をペットとして飼う場合、毎月のエサ代や健康診断費用など、何かとお金が必要になる場面が多いですよね。

ペットとしても人気の出ているラボットに維持費は必要になるのでしょうか?

 

ラボットの月額サービスプランの種類は?

ラボットの月額料金のプランはどのようなものがあるのでしょうか。

ソロ
プラン名 金額 内容
スマートプラン 10,998円/月 修理費用 55%補償

ラボットドック1体 21,998円

スタンダードプラン 14,958円/月 修理費用 70%補償

ラボットドック1体 0円

プレミアムプラン 21,998円/月 修理費用 100%補償

ラボットドック1体 0円

補償なし 9,878円/月

 

デュオ
プラン名 金額 内容
スタンダードプラン 27,478円/月 修理費用 70%補償

ラボットドック2体 0円

プレミアムプラン 39,996円/月 修理費用 100%補償

ラボットドック1体 0円

補償なし 19,756円/月

ソロはラボットが1体と充電する場所のネストひとつのセット、デュオはラボットが2体、ネストひとつのセットのこと。

ラボットドックとは健康診断のようなもので、年に1回行われる検査のこと。

どれも基本料金が含まれています。

個人利用の場合は、補償率が高くラボットドックが無料になるスタンダードプランがおすすめ!

プレミアムプランはラボットが多数の人間に触れる場にいるなど、企業で使われる場合を想定しています。

 

ラボットは月額料金なぜかかる?

実はラボットは月額の利用料が必要になるんです。

ラボットは購入しただけでは動いてくれず、動かすための基本料金が必要になります。

その基本料には、ラボットを動かすために必要なソフトウェア使用料や基本的な動作を許可するものも含まれています。

ラボットの基本料で許可されるもの。

  • ラボットが移動する。
  • ソフトウェアをアップデートする。
  • ラボットの記憶をバックアップする。

かなり重要な機能ばかりですよね。

さらに、ラボットが故障してしまった場合に備えて、修理費用を補償してくれる保険の加入も検討が必要です

ユーザーの口コミを調べると、残念ながら故障の報告がかなりの数見つかります。

個体差もあるようで、購入から一回も故障してないという方もいますが、故障報告の平均値としては1年に1回程度は故障してしまうようです。

しかし、そのための保険でもあるので、修理費用を補償してくれる保険には、必ず加入しておくことがベストだと言えますね!

 

ラボット維持費には月額サービス以外にもある?

ラボットの維持費は月額サービス以外に以下の費用が発生します。

・電気代
・修理代

修理代については、こちらの記事で解説しています。

電気代については、次から細かく解説していきますね。

 

ラボットの電気代や月額料金を徹底解説!

とても可愛くてずっと一緒に遊びたくなるラボットですが、やはりそこはロボット。

動くためには充電が必要なんです。

はたして電気代は毎月いくらかかるのか、ということも気になってきますね。

ここでは毎月の電気代と月額料金についてお伝えします!

 

ラボットの電気代はいくら?

公式ホームページに電気代について書かれていました!

  • デュオ:3,000円台/月
  • ソロ:2,000円台/月

電気事業者との契約によっては前後する可能性がありますが、目安としては毎月2,000円~3,000円かかるようです。

犬のドッグフード代は毎月7,000円程度といわれているので、それと比べると半額以下の計算ですね。

でもちょっと高いかな?と思う人のために、「稼働したあとに充電場所に戻る」という共通点からルンバの電気代がいくらなのか調べてみました。

ルンバが1日1時間稼働23時間は充電というか待機している前提で計算すると、月の電気代は

  • 100円台/月

という結果でした。

ルンバめちゃくちゃ安いですね。

なぜラボットは電気代がかかってしまうのでしょうか?

ラボットの通常稼働サイクルは公式ホームページによると

約30〜45分稼働 + 約15〜30分充電

というサイクルになるようでした。

例えば、1日家にいてラボットと遊んだ場合、約12時間ラボットと触れ合ったとすると、ラボットが30分稼働、30分充電を繰り返した場合、6時間稼働、6時間充電する計算です。

さらに充電中はソフトウェアの更新をしたり、記憶のバックアップを取ったり色々動いています。

そのおかげで人に段々なついてくれたり、抱っこをせがんでくれたり、ほんのりあったかい動物感を味わわせてくれるんです。

そう考えるとラボットに必要な電気が多くなることは納得ですよね。

 

ラボットの月々の総コストを解説!

それではラボットと一緒にいるために必要な料金とは毎月いくらになるのでしょうか?

ラボットのソロを一括で購入して、月額費用のみ掛かる場合を考えてみます。

まず基本料+保険料が必要で、ここではスタンダードプランを契約した前提で考えます。

そこに電気代がプラスされます。

スタンダードプラン 14,958円+電気代2,000円=16,958円

おおよそ毎月17,000円が必要になる計算ですね。

さらに故障してしまったときは修理費用が掛かる可能性もあります。

スタンダードプランは修理費用の7割を補償してくれるので、3割が自己負担。

年に1回程度は故障してしまうようなので、必ずどこかで修理費用の負担は発生します。

多めに見積もって、トータルとしては毎月2万円程度かかる認識でいるといいかもしれません。

アニコム損害保険株式会社というところが行った「2021年の1年間にペットにかけた年間支出費用」の調査結果によると、犬にかける年間費用は「約35万円」という結果が。

これは月平均にならすと3万円程度になります。

ラボットはその2/3程度になるので、犬と比べても維持費を抑えることができるのもうれしいポイントです!

 

まとめ

この記事では、ラボットの維持費がいくらなのか、必要な電気代や月額料金についてご紹介してきました。

ラボットには必要な月額料金があること、電気代が毎月かかることが分かりました。

まるで本物のような生命を感じさせてくれるうえに、人を認識し、徐々に成長していきながら甘えてくれるようになるという素晴らしい技術が使われているラボット。

そのシステム料がかかることは必要経費と言えます。

さらに、故障が高い頻度で発生すると考えると保険は必須。

合計の月額料金としては約2万円程度となり、犬の月平均3万円と比べると維持費を抑えることができることも分かりました。

動物を飼うことに躊躇している、マンションがペット不可で飼えない、そんな人にも維持費の面でもメリットを感じることができるラボットは、本当にオススメ!

ぜひ本記事を参考にラボットの購入を検討してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました