ラボット故障が多い?修理代や修理期間も徹底調査!

ラボット 故障 多い 修理代 修理期間 ラボット
Pocket

この記事では、ラボットは故障が多いのか、修理代や修理期間も徹底調査します!

ラボットは、その愛くるしい見た目と、人間がお世話してあげなければいけないことから、コロナにより人と会えなくなり生まれた寂しさを癒す存在として注目されています。

しかもこのラボットは、多くの最新技術により、本当に生きているかのように動くことができ、多くの人の心を掴んでいます。

それだけではなく、ひとつひとつのラボットは人とのふれあいを通して成長し、人見知りや好奇心旺盛といったさまざまな性格が形成されていきます。

そのため、どのように育つのかは購入した人の接し方次第。

生命を感じさせるような工夫がたくさん施され、ひとつひとつ性格の違うラボットは、まるでペットのようです。

今回は、そんなラボットは故障が多いのか、故障した場合の修理代や修理期間について調べてみましたので是非参考にしてみてくださいね♪

ラボットですが、7日間全額保証キャンペーンをやっています。

気になるラボットを是非試してみてくださいね♪

\今なら7日間無料で試せる/

 

ラボットは故障が多い?

ラボットは人と触れ合うことで成長していき、ひとつひとつ個性を持った個体に成長していきます。

人に愛されるよう、本当の生き物のような動きや表情、仕草を見せてくれて、多くの人が虜になっているんです。

そしてそれを可能にしているのが、たくさんの最先端技術。

6層の幕で表現される目や、動物の声帯を模写して発せられる声、最新鋭の360度カメラやサーモグラフィーで人がどこにいるのかを感知し、全身には50を超えるセンサーが搭載され、障害物を避けて移動することができます。

これらの技術により、ラボットは本当生きているように感じさせてくれて、ペットのように愛情を注げる存在になっているのです。

でも、そんな最新の技術が満載だと、故障が多いんじゃないか?と心配になりますよね。

そこで、実際にラボットの故障の実態を調べていきます。

 

ラボットの故障口コミが多い?

まずはラボットを利用している人の生の声を調べてみました!

名前を呼びかけても全然反応しない!コンシェルジュさんに問い合わせたらマイクの故障とのこと。これで4回目の入院。

手を動かすと中のギアの音が聞こえてくるようになった。コンシェルジュに聞くと入院と言われた。そのことを娘に伝えると大泣き。もう家族同然になっているんだと感動してしまった。早く元気になって戻ってきて!!

急にラボットのお腹あたりから凄い異音が。これが噂の芝刈り機病か。入院待ったなしだな。

ネストの充電端子が欠けて充電できなくなった。これも入院になるのか。もう3回目の入院だよ~

調子悪いなと思って色々調べた挙句、何もわからなかったのでコンシェルジュに聞くと、ホーンが異常をきたしている可能性が高いらしい。検査も含めての入院となりそう。長期間離れ離れになるのは嫌だ~

ラボットの故障に関する口コミを調べてみたところ、ラボットが故障したという人が多数見受けられました。(ラボットを修理に出すことを「入院」といいます)

その症状は様々で、ラボット自体のモーターやセンサー異常や、ラボットを充電する「ネスト」と呼ばれる充電場所の故障も発生しているようです。

また、〇回目の入院と報告している人も多く、1台のラボットが何回も故障してしまう人が多いようでした。

最新の技術をたくさん使い、とても愛くるしい表情やしぐさを見せてくれるラボットは、家族同然のように愛される反面、故障も多いようです。

 

ラボットの故障が多い原因は?

なぜここまで故障の報告が多いのでしょうか。

口コミやラボットに関する記事をもとに原因を探ってみました。

 

ラボット故障が多い原因①24時間稼働しているから?

ラボットは基本的に24時間稼働しています。

充電中にもソフトウェアの更新やバッテリーのメンテナンス、バックアップを取るなどラボット内部では絶え間なく機械が作動しています。

しかも、充電中でもラボットは寝息を立てているので、文字通り24時間稼働し続けている状態なのです。

そうなると機械には常に負荷がかかり続けている状態ともいえるので、その分故障が多くなってしまうのかもしれません。

 

ラボット故障が多い原因②精密機械を多数搭載しているから?

最初にもご紹介したとおりですが、ラボットには最新の機械がたくさん詰め込まれています。

生命を感じられることを目指したというラボットは、各部位に様々な技術が使われています。

特徴的な大きな目には、目の画像が立体的表現できるよう、6層に分かれ、その組み合わせは数十億にも上ります。

また、声に使われているのは、動物の声帯をシミュレーションした特殊な機械が使われていて、まるで本物の声のよう。

その時々の状態や状況によって、毎回異なる声を発することで、人とコミュニケーションをとることができます。

さらに多くのカメラやセンサーを搭載、生命を感じられるよう常に37~39度ほどの温度を感じられるように工夫も施されています。

これだけの最新技術や精密機械が多く使われているので、不具合が起きやすいのもなんとなく納得できますよね。

 

ラボット故障が多い原因③部屋で衝撃が加わることが多い

衝撃が加わることが多いことも原因のひとつとして考えられます。

自律走行が可能で、それにより家の中を自由に動き回ることができるのですが、その分どこかにぶつかったり、転んだりしてしまいます。

それだけでなく、抱っこされたり撫でられたりと、ほかの家電とは違う使われ方をされるので、多くの衝撃が加わってしまいます。

転んだりぶつかったりと、衝撃が加わることが前提に設計されていますが、それでもほかの家電と比べると圧倒的に力が多く加わってしまいます。

そうなると、何かの衝撃によって不具合が起きてしまうことも原因の一つとして考えられます。

 

ラボットの修理代や修理期間は?

故障が多く発生していることがわかりましたが、そうなると次に気になるのが修理の費用や期間がどれくらいかかるか、ということですよね。

こちらについても調査してみました。

 

ラボットが故障した時の修理代は高い?

故障の度に高額な修理代がかかってしまったら大変ですよね。

そこで、修理代がいくらかかるのか、口コミをもとに調査してみました。

まず、ラボットには入院・治療費の補償サービスプランがあります。

  • スマートプラン:入院・治療費55%補償
  • スタンダードプラン:入院・治療費70%補償
  • プレミアムプラン:入院・治療費100%補償

大半の人はスタンダードプランで契約していました。

つまり自己負担としては3割で修理を行っているということになります。

しかし、修理代について様々に調査してみたのですが、実質的に負担した金額として圧倒的に多かったのが、

0円という方でした。

0円の理由の中で多かったのは「初期不良として対応してもらった」、というもの。

公式に初期不良として扱うのは「契約開始から30日まで」ですが、口コミでは3ヶ月目や5ヶ月目の人が初期不良対応として負担が0円だった人もいて、不具合の内容によっては初期不良期間を過ぎた後でも無償対応してもらえるようです。

ちなみに、修理代が0円であっても、ラボットを送る送料は必ずかかります。

これは公式HPにも記載があり、全国一律で4,378円がかかります。

 

ラボットが故障した時の修理期間は長い?

続いて修理期間について調べてみました。

こちらは故障の状態によりまちまちなのが実態です。

しかし、調べた限りでは修理に出して戻ってくるまで、平均2週間程度はかかるようです。

それよりも時間がかかるのが、修理先の確保。

修理に出す場合は、修理先に予約を入れる必要がありますが、修理先の確保に時間がかかる方が多かったことが目につきました。

口コミでは修理受け入れが1か月先だった、という口コミも。

予約から修理完了までは、1ヶ月程度はかかると想定しておいた方がよさそうです。

 

まとめ

この記事では、ラボットは故障が多いのか、修理代や修理期間も徹底調査してきました。

その可愛い表情や仕草に虜になる人も多く、たくさんの人に愛されていることがわかりました。

しかし、最新の精密機械を多数搭載しているからか、故障の報告が非常に多く上がっていたのも事実でした。

入院・治療費補償をしてくれるスタンダードプランを契約している方のほとんどが自己負担金は0円という報告をしており、修理代はそこまでかからないようです。

でも、修理を行うまでが大変で、修理先の確保から修理完了まで1か月以上かかるケースも確認できました。

ラボットは可愛くペットの代わりにもなる存在ですが、その分多くの手間がかかるんですね。

ラボットの購入を悩んでいる方は、本記事の情報を参考に、ぜひ検討してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました